甘美な音が生んだ 歪んだ愛の末路とは・・・「SOUND of LOVE」染谷有香、樫尾篤紀、希代彩、田村智浩、黒瀬友里、土井きよ美、加藤大騎、望月はな、藤元萬瑠、磯俣愛、Marinsaeki、和田聰宏/脚本・監督:吉川鮎太/主題歌・挿入歌「vector」E.scene(bament)

NEWS

2024/07/19

2024年8月12日(月・祝)、映画「SOUND of LOVE」完成披露上映会イベント開催! 詳細はコチラ

2024/07/09

映画「SOUND of LOVE」公式サイト公開。

2024/06/15

映画「SOUND of LOVE」作品完成&主題歌決定!

INTRODUCTION

多種多様な世界を楽しむ私たち。昨今、"音"による特殊な志向を持つ人たちが多く存在しています。いわゆる"音フェチ"です。その中でも、「ASMR」というジャンルには、YouTubeやTikTokなどの配信サイトにて、人気の配信者が日々、ASMR動画を配信しています。
ASMRとは、視覚や聴覚に働きかける刺激によって、"脳がとろけるように気持ち良くなる現象"のこと。そこに多くの人たちが癒しを求めています。さらに追及していく人の中には、快楽を求めていくこともあります。本作は、そんな音の世界に魅入られた人たちの物語です。
 
主演は、グラマラスなボディを生かしグラビアにて人気を得て、現在は女優としても活躍する染谷有香。真の快楽を求めていく明葉を演じています。また「第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナリストで、ドラマを中心に活躍する樫尾篤紀も、明葉に魅入られていく守屋を演じ、難しい役どころを熱演しています。
そのほか脇を固めるのは、映画やドラマに活躍中の和田聰宏。守屋同様に明葉に振り回される役回りを演じています。二枚目からコメディまでこなすベテラン俳優です。また、若手実力派として、さまざまな作品に挑戦する希代彩も、守屋の恋人役を見事に演じました。
 
本作の主題歌は、E.scene(イーシーン)の「vector」に決定。E.sceneは、新潟を拠点に活動する、真琴(Vo)、CHIPPI(Ba)、Yoshinao(Dr)からなるオルタナティブR&Bバンド。
メロウでスモーキーなボーカルに、R&B・Funk・HIPHOP・ネオソウル・ジャズ・フュージョンのテクニックを取り入れたメリハリとグルーヴのあるリズム隊のプレイが濃厚に絡み合う、注目のミュージシャンです。
 
監督・脚本を務めたのは、期待の若手監督・吉川鮎太。2016年「DRILL AND MESSEY」がPFFエンタテインメント賞を受賞、続く2017年「Groovy」では、MOOSIC LAB 2017 審査員特別賞および最優秀男優賞を受賞しました。

STORY

 
守屋は清掃の仕事をして生計をたてていた。唯一の趣味はASMRの配信を聴くことだった。
明葉(AKIHA)は女性の配信者。彼女は、顔を隠して、声や、食べる音、物を触る音など様々な音を動画で配信していた。
守屋はこの明葉の配信にハマっていた。時間をみつけては、明葉のASMR動画を楽しみに日々を過ごしていた。
そんなある日、明葉がハイヒールを履いて公衆トイレを歩く音をLIIVE配信していた。
その配信をみていた守屋は驚きを隠せない。なぜなら、その公衆トイレは、守屋がいつも清掃をしている場所だったからだ。
 
音でつながる見知らぬ男女。顔も見えない、素性もわからない―。
そんな彼らに待ち受ける運命とは!?。

Cast & STAFF

染谷有香

染谷有香 白石明葉

1992年1月17日生まれ。千葉県出身。
グラマラスなボディを生かしグラビアにて活躍し人気に。その後、女優としてドラマを中心にグラビアと並行して活躍。7月26日には、写真集「Get into me」が発売。7月4日より放送スタートのMBSドラマ特区「彩香ちゃんは弘子先輩に恋してる」に出演中。

樫尾篤紀

樫尾篤紀 守屋恭一

1996年7月13日生まれ。高知県出身。
趣味・特技はサッカー。2017年、第42回 ホリプロタレントスカウトキャラバンファイナリスト。劇場版「おいハンサム!!2」や映画「夜明けのすべて」など公開作が続いている。

希代 彩

希代 彩 中村玲美

1996年12月11日生まれ。東京都出身。
2017年「ミスiD」にてファンタジスタさくらだ賞を受賞し本格的に女優活動を開始する。ドラマ・映画を中心に若手実力派として活躍中。BUMP「父の不倫が発覚しました」など配信ショートへの出演も続いている。現在DOKUSO映画館にて配信中の「映画人」では、番組MCにも初挑戦。

和田聰宏

和田聰宏 三上隆麿

1977年生まれ。福島県出身。
幅広い役柄を巧みに演じ分け、その活躍は映画・テレビ・舞台・ナレーションなど多岐にわたる。主な映画出演作に「劇場版 美しい彼~eternal~」、「朽ちないサクラ」ほか多数。ドラマ出演作に「ゴーストヤンキー」、「鬼平犯科帳」などがある。

脚本・監督:吉川鮎太、エグゼクティブプロデューサー:井上竜太、プロデューサー:菅谷みにい・鈴木藍、撮影:武井俊幸、照明:友田直孝、録音・音響効果:若井幸博、美術:杉山麻衣、スタイリスト:キクチハナカ、メイク:木内香瑠、助監督:澤由樹、制作担当:遠藤祐輝、音楽:ベントラーカオル、企画協力:柏谷朋美、企画・制作プロダクション:ホリプロ、製作:ホリプロ・MinyMixCreati部、配給・宣伝:MinyMixCreati部、配給協力:LUDIQUE

吉川鮎太
吉川鮎太

脚本・監督 吉川鮎太

1994年生まれ、京都府出身。京都造形芸術大学卒。
2016年 映画「DRILL AND MESSY」でPFFエンタテインメント賞受賞。
2017年 今泉力哉主演映画「Groovy」で、MOOSIC LAB 2017 審査員特別賞、最優秀男優賞を受賞。
現在では、多くのテレビドラマや配信ドラマなどの演出を手掛けている。


THEME SONG

主題歌・挿入歌
  「vector」
E.scene
作詞:CHIPPI 作曲:E.scene 編曲:CHIPPI

E.scene
E.scene

真琴(Vo)、CHIPPI(Ba)、Yoshinao(Dr)からなる新潟発オルタナティブR&Bバンド。存在感のあるスモーキーな歌声にR&B・HIPHOP・ファンク・ジャズ・ソウルの要素を取り入れたメロウで心地よいサウンドとグルーヴが魅力。FUJI ROCK FESTIVALやSYNCHRONICITYなど、様々なイベントに出演。真琴が東芝の企業ブランドCMで歌唱を担当した「銀河鉄道999」が注目を浴びる。2024年4月には、OvallのShingo SuzukiがRemixを手掛けた最新デジタルシングル「わたしと私(Shingo Suzuki Remix)」をリリース。
 
公式サイト https://www.escene.info/
公式X https://twitter.com/e_scene_

飛び交う些細な幸せといつ自分が交わることができるのか、そんな不安や苦悩を抱えながら、不器用にでも明日を考えられないくらい今日を生きていきたいという気持ちでこの曲を書きました。
あっけないくらい幸せは瞬間の出来事なのかもしれないけど、いつまでもその一瞬を探して情熱を注いでいきたいと思っています。少しでもこの曲がその一瞬に関わることできたら嬉しいです。
映画と共にぜひ聴いてください。

MESSAGE

白石明葉役 染谷有香

染谷有香
染谷有香

今回演じさせていただいた明葉という人は、忘れられない過去を持ちながらASMRと出会い、人々を癒すことで自らも救われていた人なのじゃないかなと思います。音が持つチカラは強力で人をとことん魅了してしまう、そのことも理解しながら人と出会ってきた。交錯することは明葉にとっては日常で、私とも重なる部分が少なからずある・・・と思いました。
ASMRのシーンなど初めて挑戦させていただくことも多かった現場ですが、撮影が始まってからの日々は丸ごと刺激的で、自然と吉川監督の世界に誘っていただいたような体温が残っています。
初めて物語の中心となる人を演じさせていただいて気付いたことは、人は自分でも気が付かないところでこんなにも関わっていただいた人、物事の影響を大きく受けて生きているのかということでした。
日常を生きるための非日常は私達をどこまで連れていってしまうのか、劇場で共に体感していただけたら嬉しいです。

守屋恭一役 樫尾篤紀

樫尾篤紀
樫尾篤紀

守屋恭一役を演じさせていただきました樫尾篤紀です。
この映画は、吉川鮎太監督が創りだす世界観、そして聴覚で感じるASMRと愛の物語です。
守屋を演じるにあたって常に想っていたのは愛です。愛を求め、愛されたいと思い、愛してくれる人を見つけたい、そして愛したいという想いを持って撮影に挑みました。
切迫した心情や、人との関わりで緊張感を持ち続けるためには、精神的にも追い込まないといけなく、セクシャリティーな部分も含めて全力で自己開放してぶつかって行きたいと感じていたので、自分に色々な負荷をかける必要があると思い、守屋の動きや声のトーンを作り出すために睡眠をあまりとらない方がいいのかなど考え、実践し、模索しました。
自分にとってチャレンジな役柄なので、大胆に演じたいと思い、一つひとつのシーンがクライマックスなのではないかというくらいエネルギーを使いました。
繊細な感情や葛藤を表現をするお芝居の広げ方や考え方を、現場で吉川監督から学びながら撮影に挑むことができ、今回の作品で僕を選んでいただいたことに感謝しています。
愛に飢えて愛を求めた先に何があるのか。なぜ守屋は愛を求めたくなったか。
染谷有香さん演じる明葉とのラブストーリーを、ぜひ劇場で観ていただきたいです!

中村玲美役 希代 彩

希代 彩
希代 彩

台本を最初にいただいた時は何が起こってるのか分からなくて、ソワソワしてばかりだったのをよく覚えています。
ただ美しい物語になるんだろうなぁとは思ってましたが、こんな風になるとはびっくりでした。
いち視聴者として楽しんでしまいました!
ぜひ劇場で大音量で、観て聴く劇薬をお楽しみください!

三上隆麿役 和田聰宏

和田聰宏
和田聰宏

"音"を通してフェティシズムで繋がった男と女が、愛とは何かを模索する物語です。
音が耳から脳に伝達され、全身にもたらされる興奮やリラクゼーション効果とは?
人の心に与える影響とは?
映像美はもちろん聴覚的効果も利用した、これまでにはない新しい感覚を、物語を通して、ぜひ味わってみてください。

脚本・監督 吉川鮎太

吉川鮎太
吉川鮎太

YouTube上で「ASMR」という、ただただ音を聴かせて、視聴者を癒そうとするジャンルの動画に出会い、画面の向こう側にいる女性は少し妖艶で、謎めいていて、とても夢中になりました。そんな女性の話を映画にしてみたいと思い、すぐ企画書に起こしたのが本作です。
現場で生まれる音をまず制作チームで共有するため、その場でスタッフやキャストに音を聴いてもらい世界観を伝えながら撮影を進めました。映像の編集が終わってからも2ヶ月間ほど、音の制作に掛けています。
「SOUND of LOVE」音に快感を得る人たちの話です。本編上でたくさんの音の仕掛けを施していて、体験型映画になっていると思います。皆さまが観終わった後に、今まで味わったことのない感覚が纏わりつくように願っています。
ディープな音の世界へ、ぜひ!

THEATER

 
 
 
 
9月27日(金)より、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

TICKET

 
 
 
 
 
COMING SOON!!

TRAILER